« 班会 3/17(火) | トップページ | 浜松駅前にて »

劇団人の森ケチャップ第5回公演

先日お知らせいたしました・・・

【NPO法人びわのき基金共催・劇団人の森ケチャップ第5回公演 「神様は知らないおはなし 星おくりの唄」 】

見てまいりましたヨ

ウチのとくさんと千葉県松戸市まで・・・

内容としては、不思議な生き物達が暮らすとある島でのお話。

昼を支配する「太陽王」と、夜を支配する「月女王」が「星」を巡り、争いがおこり・・・

不思議な生き物達を巻き込んで「星」を探し・・・

見つかったけども「太陽王」と「月女王」は「星」を諦めていた・・・だったかな

という「笑い」あり、「涙」あり、「歌」あり、「踊り」あり・・・というミュージカル調の演劇でした。

宣伝文句のとおり、小学3年生から50代まで。障害者と健常者がまさに一体となって「歌い」「踊り」とても楽しい演劇でした。

途中まで何の気なしに見ていたんだけども、最後のダンスシーンはなぜか自然と涙が出てきました。

元気が出るよい演劇をありがとう。ケチャップ・・・

Dsc03669 公演後には劇団の役者達と一緒に写真撮影。まん中は「太陽王」

一緒に行った町田のメンバーも

劇団員に静岡新銘菓・こっこを差し入れしておきました

Dsc03670

おやとくさん、大人気ですね

byじゅんいち

|

« 班会 3/17(火) | トップページ | 浜松駅前にて »

ネタ」カテゴリの記事

コメント

やー、はるばる行った甲斐ありましたね~

自分たちの島の大木を枯らすことになっても、自分たちが故郷の島から別の島へ移らないといけなくなっても、星を助けたい!
その気持ちは凄く大事なことだと思いました。

多分、障がい者の方だと思うけど、劇の最中に迷ってしまう子供がいた時に、すっと他の子供が助けてくれていたのが印象的でした
あぁ、こういう社会がいいなぁ~って。

劇団人の森ケチャップのみなさま、素敵な劇をありがとう!

それと、町田のみなさまにも。ちょっとだけですがお話できて良かったです。アホな子でごめんなさい

投稿: とく | 2009年3月22日 (日) 02時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 劇団人の森ケチャップ第5回公演:

« 班会 3/17(火) | トップページ | 浜松駅前にて »