« 班会 5/26(火) | トップページ | またまたやってきます!なんでも街頭相談会 »

裁判員制度はじめました

新型インフルエンザに埋もれてしまった感もありますが…
去る5月21日より裁判員制度がはじまりました。

裁判員制度の内容

  • 重大な犯罪の刑事訴訟事件のみ。
  • 裁判員(国民から選ばれた6人)+裁判官(3人)で決める。
  • 裁判員は、「裁判員候補者」からくじで選任される。
  • 裁判員には守秘義務が発生する。
    目的は、(1)裁判人のプライバシー保護、(2)報復などの防止
  • 裁判に必要な時間は、1日5時間、2~6日間の見込み。
  • 裁判員は、有罪・無罪と、有罪の時はどんな刑にするか(量刑)を決める。
  • 結論は全員一致が基本。
    まとまらない場合は多数決、但しその結論に一人以上の裁判官が賛成しないと無効。

問題とされている点

  • 裁判員は、死体や凶器などの写真を見ることになり、心的な悪影響を受けないか。
  • テレビなど他の情報に左右された判決にならないか。
  • 法律の素人で量刑まで判断できるのか。
  • 本当に裁判員の安全は確保できるのか。
  • 「裁判員候補者」でも、くじで裁判員に選出されなかった人に守秘義務は発生しない。

裁判員やってもいい?

  • いい: 4人
  • いや: 1人

みんなの意見

  • 法律を知る事ができる良い機会になる。
  • 市民の感覚で法廷をチェックする機能になりそう (民事裁判は既にやっている?)
  • 法律用語は難しい。
  • 量刑まで決めるのは知らなかった。
  • 凶器など見たくないので、裁判員はやりたくない。
  • 量刑の見直しも必要では? 死刑ではなく終身刑を選べるようにするなど。
  • 楽観視している。法律に囚われすぎず、常識的に判断すれば良いのでは。
  • 「裁判員候補者」には被害者のプライバシーに関わる情報を公開しない方が良い。
  • 問題点が明らかなのに、解決しないまま発車はおかしい。先に解決すべきでは。

参考資料
裁判員制度
裁判員制度ナビゲーション(補訂版)

|

« 班会 5/26(火) | トップページ | またまたやってきます!なんでも街頭相談会 »

10分間討論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 裁判員制度はじめました:

« 班会 5/26(火) | トップページ | またまたやってきます!なんでも街頭相談会 »