« シルヴァーウィーク最終日 | トップページ | 今年の中秋の名月は・・・ »

一人で思いっきり楽しむ!秋の飯田線

シルバーウィーク1日目。久しぶりに出来た自由な1日を思いっきり楽しもうと学生の頃よくやっていた「電車での一人旅」をしてきました。

今回は飯田線をチョイス!何か最近乗りたくて仕方なかったのです。

そうは言っても、飯田線は普通電車で端から端まで乗り通すと6時間以上_ノフ○ グッタリ

とても往復する気にはなりませんでしたので、こんな切符を買ってループすることに・・・

Dsc03998

浜松→東海道→豊橋→飯田線→岡谷→中央線→甲府→身延線→富士→東海道→浜松ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

さて、ついに飯田線の旅の始まりです。7:00前に自宅を出発し、豊橋を8:12出発の天竜峡行きに乗り込みます。

Dsc03941

車内は激込み。そう、この豊橋~豊川は飯田線内で最も本数が多く乗降者も多いのです。大半の電車が豊川で折り返してしまいますが・・・

Dsc03943

飯田線内はドアは自動で開きません。手で開けるのでこんなことに・・・

Dsc03945

豊川を過ぎ、田舎ムードに。単線のため対向車と駅で待ち合わせをしながらゆっくり進んでゆきます。

Dsc03951

ここで車掌殿から観光案内が。「皆様、右側をご覧下さい・・・」

川底が岩1枚を敷き詰めたようになっている「板敷川」

美しい・・・(・∀・)イイ!

Dsc03955 客が下車して車内の人が少なくなればなるほど生まれる乗客達の一体感。目的も行き先も違う人たちがつかの間の家族になれる瞬間です。

徐々に車掌殿が「頼れるお父さん」らしくなってきました。。。

Dsc03975

飯田線各駅停車の119系電車は今では珍しくなりつつあるボックスシート。向かい合った他人も絶景を共にし仲良く会話が弾みます。

Dsc03962

やがて一人になりこんな感じに・・・

Dsc03969

水窪ではお祭りのため賑わっていました。・・・天使の羽根を生やした仮装行列を駅から眺められました。(コレでも浜松市内・・・)

Dsc03981

飯田線は1日2往復だけ特急が走ります。普通電車はたっぷり15分間通過待ちしています。

Dsc03982

ここまで来ると電車は上下線で1日に20本程に・・・

Dsc03985

天竜峡でひとまず飯田行きに乗り換えです。

ここまで一緒だったお父さん(車掌殿)とお別れです(/□≦、)

Dsc03988 天竜峡~飯田は割と乗客が多く賑わっています。

車両前方を陣取っていた男子高校生達のバカ話に爆笑しかかっていました(笑)・・・で程なく飯田に到着。

Dsc03989

飯田市内でもお祭りやってました。

地元産を使ったりんご飴・・・超うまかったです!

Dsc03992

再び飯田から中央本線直通の茅野行きに乗り込みます。

再び3時間以上の道のりです。

Dsc03993

またまた山奥へと入ってゆきます・・・

Dsc03999

果たしてどのくらい眠ったのだろう・・・!?

終点、茅野に着いていました。

Dsc04004

中央本線に乗り換え、いざ甲府へ。

やっぱり長野県。今シーズン初の「寒い!」です。

Dsc04007

久しぶりに超都会を見た気がします。

もうこんなに暗いですがまだ18時過ぎ・・・

Dsc04009

「こうも暗きゃ景色も見えん」ってな訳で特急に乗ります。

身延線特急「ふじかわ」静岡行き

Dsc04010

ここはきっちりと指定席へ。。。ガラ空き・・・ってか誰もおらん。

願っても無いが一人で車両独占。これぞ大人の電車旅。

Dsc04013

何か静岡からは一瞬で帰れたような気がします。

(気のせいかな?)

Dsc04014

何とか無事に浜松に戻れました。

とても良い旅でございました。

今回は有り余る時間を存分に利用して飯田線をたっぷり7時間近く楽しんできました。

ちょうどその頃、東名高速では渋滞30キロ以上だの・・・いい気味だっつーの!

この飯田線。本当にオススメです。ぜひ時間をかけて乗ってみてはいかがでしょうか?

最後に・・・かの昔、飯田線建設において犠牲になった多くの朝鮮人労働者に感謝を申し上げます。。。

byじゅんいち(今日の誤変換ナンバー1「いい打線!」)

|

« シルヴァーウィーク最終日 | トップページ | 今年の中秋の名月は・・・ »

ネタ」カテゴリの記事

コメント

なんとまあ贅沢な時間ですな~
その2日後、30kmの渋滞にハマる事になるとは、この時のじゅんいちは知るよしもなかった…と

ところで、いい打線のドア(手動?)のオチがいまいち分からないので、解説よろ!

投稿: とく | 2009年9月26日 (土) 22時18分

通常両方開くドアが片方しか開いていない状態。自動扉ではまず見られない光景!

投稿: じゅんいち | 2009年9月26日 (土) 23時08分

おー そこまで手動なのね
ボタン押せば自動で開くようなのをイメージしてたよ

投稿: とく | 2009年9月27日 (日) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一人で思いっきり楽しむ!秋の飯田線:

» マルクス「共産党宣言」が1時間で読了 驚異の速読法 [マルクス・エンゲルス全集のはなし]
 マルクスも、読まれなければ意味が無い。 「マルクス・エンゲルス全集」を実に沢山の人々に買ってもらった(押し付けた?)が、購入した人は、みな忙しくて時間が無く、かつ貧乏(失礼)で金の無い(笑)人が圧倒的でした。そりゃそうで、金がたっぷりあって、時間を持て余すような富裕な人が、「マルクス」を買うわけないよなあ(笑)。 で、結局読んでない(笑)人も多数いらっしゃる。そこで、確実に短時間で、しっかり理解が深まる読書法を紹介します。「フォトリーディング」といって、結構有名でありますが、これのい...... [続きを読む]

受信: 2009年9月28日 (月) 15時14分

« シルヴァーウィーク最終日 | トップページ | 今年の中秋の名月は・・・ »