« 戦争よせ(寄席) | トップページ | 班会12/1(火) »

戦争よせ(寄席)聴いてきました

先日お知らせした「いわた12.8平和の集い 戦争よせ(寄席)」

行ってまいりました。

最近、落語に興味を持ち始めている私にとって静岡で寄席が行われるとあり、平和の集いはそっちのけで楽しんできたのでした。

Sa3a00671

まずは前座。

お弟子さんの春風亭昇吉さんで「寿限無」

これは落語家の登竜門。でも話す人によって微妙に背景が変わるといういつ聞いても面白いし脳トレにもなる!?お話です。

Sa3a00681

続いて今回の主役。柳家さん八さんの登場。

お話は「実録東京大空襲噺」

お題をみるととてもシリアスで重い噺のように思いますが、やっぱり落語はお笑いに属す事だけあって、非常にコミカルにわかりやすいお話でございました。

内容としては、さん八さんの師匠の出兵経験談から始まり、自身が赤ん坊の時に実際に体験したという東京大空襲の話でした。約1時間、とても臨場感に溢れ目の前に映像が浮かんでくるような落語でした。

僕は正直、今まで落語で戦争は語れないと思っていましたがそんな考えは今日一日で吹き飛びました。落語こそ大衆にヒストリーを伝える最善の手段なんだと今日思いました。

さて、少し落語の勉強を強化しましょうか。。。

byじゅんいち(寿限無、寿限無 五劫の擦り切れ 海砂利水魚の 水行末 雲来末 風来末 食う寝る処に住む処 やぶら小路の藪柑子 パイポパイポ パイポのシューリンガン シューリンガンのグーリンダイ グーリンダイのポンポコピーのポンポコナーの長久命の長助 ・・・に改名しようと思いましたがヤメときますw)

|

« 戦争よせ(寄席) | トップページ | 班会12/1(火) »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦争よせ(寄席)聴いてきました:

« 戦争よせ(寄席) | トップページ | 班会12/1(火) »