ネタ

【生活力向上プロジェクト】葱、植えました。

みなさま、お久しぶりです。

そして、お待たせいたしました~~~~

お待ちかねの新コーナーです。

今回の新コーナーは「生活向上プロジェクト」として今の生活における問題点を抽出!まとめてチャラ~ンと解決しちゃいましょう!というコーナーです。

今回の問題点は???

浜松市にお住まいの25歳男性(←私だっつうの

うどんが大好きな私、薬味としてよく葱を買うのですが最後のほうには干からびておいしくなくなってしまいます。どうしましょう?

葱を買う!という行為を改めてみましょう。

いつでも必要な分だけ新鮮なモノを採る。。。

ってな訳で。。。

Dsc04511 用意するものは土、プランター(実家より調達)、干し葱(袋ん中)

これで¥1000以下!

Dsc04512_2 ←これが干し葱

 ウワサの九条ねぎです(地元が私と一緒

おっとこんな所に・・・

Dsc04510 いつしかの平和イベントで頂いたベビーリーフが・・・

毎日水をやっていましたが大きくなり鉢植えでは限界

しょーがないので!

Dsc04513 トゥギャザーしました

これでいつでも新鮮な葱が採り放題です

はい、解決

byじゅんいち(このコーナーでは皆さんの生活に関するお悩みを募集しております。最良と思われるアドバイスでチャラ~ンと解決します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じゅんいち、ツイッターはじめました

皆さんお久です。。。

なかなかブログが更新できていなくで申し訳ありません。

そんな中ですが、私じゅんいちが個人的なツイッターを開始しました。

主にここでの活動以外の姿をUPしていこうと思っています。

私自身も末永くヤル気を持っていられますよう、ぜひフォロー、リツイートよろしくお願いいたします。

じゅんいちのツイッターはコチラ→ツイッター

そういえば、明日は参議院議員選挙ですね。。。

沈黙は了承を意味します。

どういう世の中になって欲しいか、国民一人一人が選択する事ができる数少ない機会です。

必ず投票に行きキチンと政治に参加しましょう

byじゅんいち(明日は雨やけどな~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クルッ・スポッ・キュイーンで貝の日!?

久しぶりのネタです。

4月8日は何の日でしょうか?

そうです、誰もが知っている

貝の日なんです

その訳はコチラ・・・エェェ━━Σ(゚д゚;)━━!!

Dsc04257

byじゅんいち(クルッ・スポッ・キュイーンは渥美半島では常識だそうで・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気になる記事~1日が短くなっちゃった!?~

インターネットニュースより・・・

先日のチリ大地震の影響で地球の自転速度が早まり、1日が短くなったようです。。。

2010年2月27日にチリで大地震が発生した。そのすさまじい破壊力によって地球の軸が移動し、1日の長さが短くなった可能性があるとNASAが発表した。

 今回の地震マグニチュードは、アメリカ地質調査所(USGS)の発表によると観測史上5番目の規模となる8.8だった。この地震によって地球の自転速度が早まり、1日が”100万分の1.26秒”短縮したという。カリフォルニア州にあるNASAジェット推進研究所の地球物理学者リチャード・グロス氏が最新のコンピューター・モデルで算出した数値である。

 なお、2004年12月に発生したマグニチュード9のスマトラ沖地震では、同じモデルで1日が100万分の6.8秒短くなったと確認されたという。

 またグロス氏によると、チリ大地震による地球の形状軸のずれはおよそ8センチだという。

 形状軸とは、地球の不均一な質量分布でバランスをとる際に、その中心となる仮想線を指す。地球は南北を結ぶ軸を中心に自転しているが、形状軸はその軸から約10メートルずれている。

 ウィスコンシン大学ミルウォーキー校の地震学者ケイス・スベルドラップ氏は、片方の手に岩を持ったフィギュア・スケーターがスピンする状態に例え、この偏差を説明している。このときのスケーターの回転軸は身体の中心を貫いているが、形状軸は岩を持つ手の方向にわずかにずれるというわけだ。

 チリ大地震によって地球の自転速度が早まったのはなぜなのだろうか。

 スベルドラップ氏は今回のNASAの研究には参加していないが、この点についてもフィギュア・スケーターを例にとり、「腕を畳むと回転スピードが早くなるのと同じ仕組みだ」と述べている。

 チリ大地震でも地球の質量が一瞬、わずかに自転軸に向かって集まり、自転速度がわずかに上昇した。

 今回のチリ大地震は、巨大なナスカプレートが隣接するプレートの下に沈み込んだ際に発生しており、「プレート境界型地震(逆断層型)」に分類される。この「沈み込み」の現象は、地震や火山噴火を引き起こすことがある。

 スベルドラップ氏は、「ナスカプレートの岩石層が地球内部へと沈み込んだ結果、身体の中心に腕を引き寄せるフィギュア・スケーターと同じような状態になった」と説明している。

 現在の科学では、地球の1日の長さを測る精度はおよそ100万分の20秒が限界である。したがって、100万分の1.26秒はあくまでも推測にすぎず正確な数値ではない。「だが、確かにチリ大地震によって地球の1日は短縮した」とスベルドラップ氏は主張している。ただし、この状態は永遠に続くものではないという。

 2010年3月1日には、「1960年のマグニチュード9.5のチリ地震とも関連しており、当時の大地震のひずみが徐々に高まった結果である」とする研究結果も発表されている。

 マサチューセッツ州にあるウッズホール海洋研究所の地質学者ジャン・リン氏は、「2004年12月26日にマグニチュード9.0のスマトラ沖地震が発生し、続いて2005年3月28日にスマトラ断層の南端でマグニチュード8.7の地震が発生した。今回の地震も、この一連のパターンによく似ている」とコメントしている。

「唯一違うのは、スマトラ沖地震では断層南部が断裂して3カ月後に次の地震が起きたが、チリでは1960年の地震から断層北部の断裂までに50年という月日を要した点だ」。

 リン氏は、「この時間差の理由はよくわからない」としながらも次のように話している。「50年は人間の寿命より短い。時間軸上の相互作用も真剣に考察する必要があるだろう」。

Ker Than for National Geographic News

byじゅんいち(って事は100万分の1.26秒×365秒も早く歳をとるのかーorz)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日気付いた事

我らが民主青年同盟のホームページが新しくなっておりました。

ぜひご覧になってやってみちゃってくださいでございます( ̄ー ̄)ニヤリ

こんなんです。

byじゅんいち(班長!プロの目で厳しいご評価お願いします↓↓↓)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

雨です・・・

Dsc04203

東海地方は雨です。。。

今日も明日も明後日も雨だそうで・・・

ピーチャリイベントの中止が宣告されました_| ̄|○

代替イベントに期待しつつ、明日はがんばっていきましょう

byじゅんいち(せっかく気合入れて調整してたのに残念でならん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

準備着々!

今週末のピーチャリ(ピチ)に向け準備が着々と進行中・・・

Dsc04201_2 大学1年生の時から乗っているマイチャリ

シッカリ整備し、現在通勤に活用中

ズミさんのサイン入りです

Dsc04202 今、スポーツジムで使用しているウエアーがかなりボロかったのでこの際思い切って新調しました

程よいピタピタ感でパーフェクトボディを魅せられます

byじゅんいち(1日中自転車に乗れると思うとなんかワクワクしてきた(0゜・∀・))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じゅんいちオススメ映画情報Vol.2

間伐入れずに2本目の紹介です。

今回紹介するのは、、、

「屋根の上の赤い女」

2007年 ロサ映画、ヨモスガラブフィルム

監督・脚本・編集:岡太地 出演:神農幸・山中崇

私の大好きな「神農幸」さんが初主演の短編ラブストーリ-です。

舞台は大阪のとある事務用品会社。事務員の神農幸演じる「西山ひとみ」は上司にとんでもない残業を強いられていた。そんなある日山中崇演じるバイトの「護摩君(ごま)」がやってきて恋に落ちる。ある日「西山」は仕事でミスをやらかし、それを隠そうとしたところ他の社員に泥を被せる形になってしまう。普段から社員たちは上司の横暴ぶりに爆発寸前で、ついに上司との全面戦争となる。流血社員が続出する中、やがて矛先は事件の引き金を引いた「西山」へ。「西山」と「護摩」は二人で逃げ惑い、屋根の上に逃げる。やがて追い詰められ、「西山」と「護摩」の運命は??

30分の短編映画なので淡々と進むストーリーなのですが、結末は自分で考える!?どうなるかは自分でいくらでも創造できるそんな感じです。京都出身の神農さん、関西弁が自然で超素敵です。

改めて労働社会についても考えさせられる要素も持つオススメ映画です。

同時上映でカップリング?として入っていた「放流人間」もまた、考えさせられる映画です。コチラはぜひDVD等で見てみてください。

「屋根の上の赤い女」予告編

「神農幸」さんブログ

byじゅんいち(諦めかけていましたが、ツタヤに1本だけありました(゚ー゚)v)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じゅんいちオススメ映画情報 Vol.1

ここ最近病気した後どうも体力の回復に時間がかかっており、休日は家に居ることの多い私ですが、家に居る時映画を見る事が多くなりました。

見た映画は班会の3スピでお話していますが、3スピで流しておくのはもったいないのでUpしておきます

今回紹介するのは・・・

「落語娘」

2008年・日活 

監督 ・中原俊  出演・ミムラ・津川雅彦・増岡徹ほか

永田俊也原作の「落語娘」の映画版。

「男社会」と言われている落語界に果敢に入門し、苦しみながらも成功するサクセスストーリー・・・ではなくて。

苦しみながらも落語を愛し、自分を認めてくれた師匠の下で日夜落語の修行に励む「香須美(かすみ)」の師匠はとんでもなく不真面目で落語界の問題児であった。そんなある日、無期限謹慎中だった師匠の高座復帰のTV企画が決まる。その演目とは呪いの噺、「緋扇長屋」であった。その噺をする者には死が訪れるというその噺に「香須美」と「師匠」がぶつかり、助け合い、共感して挑んでゆくという感動のストーリー。

とにかく見れば見るほど引き込まれてゆくようなストーリーはまるで落語そのもの。ちゃんと落ちがついているのがうれしい映画でした。今は落語に興味がない人もきっと落語が好きになる1本です。

ここでもまた「寿限無(じゅげむ)」が大活躍

「落語娘」予告編

byじゅんいち(何回続くか???映画紹介!!!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘れられない記憶

皆さんお久しぶりです。

先日はノロウィルスで死の淵をさまよっていたじゅんいちです。

さて、昨日は何の日???

そう、「防災の日」ですね。。。15年前の1月17日、兵庫県南部を中心に最大震度7を初めて記録した戦後最大の被害と言われている「阪神大震災」が起こった日なのです。

当時関西に住んでいた私にとっては、この日が近づくと色んな事を思い出すのです。それはこれから「東海地震」を迎え撃つ静岡県に住んでいる今の私にとって非常に大切なことなのかも知れません。

思い出す事とは・・・

実は、大震災の起こる1年前まで私は家族で兵庫県西宮市に住んでいました。比較的被害が少なかった京都に移り住んでいる自分にとって、地震で神戸市周辺がえらいことになっていると知って最も心配したのは昔住んでいたマンションでした。昔の友達やお世話になったおばさん等がたくさん住んでいたそのマンションは・・・地震発生後2~3日程して見に行ってみると・・・

建物ごと倒れ、前を走っている線路に横たわっているではありませんか!

しかも前駅には各駅停車が停車中。あと数十秒でマンションの前を通過していたのでした。

話によるとマンションは始めから横たわっていたのではなく、幾度と無く続いた余震で倒壊したようなのですが、自分たち家族が昔住んでいた部屋は丁度上り線線路の真ん中ぐらい・・・幸いにもマンション内で亡くなった方は居られませんでしたが、ほぼ全員が何かしら負傷したようでした。

この地震は早朝だったので下の線路を走る電車も少なく、難を逃れましたがラッシュ時には上下線合わせて1分に1本は通過していた所なので不幸中の幸いだったと皆口を揃えています。

このように、地震の被害はどんな形に変形して襲い掛かるかわかりません。

地震に備えるということはまず「何が危険なのか」「このままではどうなるのか」「こういう時どうするか」を考える事から始まると思います。

まずは個人から、考えてみてはどうでしょうか?

byじゅんいち(大震災の前日が私の誕生日なのです。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧